Concept

スパイスやハーブたち【香KA】をおいしく食べて【食KU】毎日をもっと楽しく元気に【楽RA】。それが香食楽の提案です。

カレー「現代栄養学=栄養士」と「中国の薬膳学=国際薬膳師」の知恵を生かし、生薬とスパイス、ハーブを国際薬膳師が独自に調合し五臓を基準とし中医学理論に基づき不足したパワーを補う薬膳カレーと薬膳料理を提供しております。

カレー作り方fix中でも薬膳カレーは「当帰の葉」を贅沢に使用。ゆっくり時間をかけてとった天然の出汁に野菜と果実をたっぷり加えました。小麦粉、化学調味料は一切使わず 身体に優しい香食楽だけの特別な薬膳カレーです。

※完全手作りのため、その日の食材(野菜や果物など)によって、味に若干の誤差が生じますが、スパイス、 ハーブ、漢方の分量及び効能は一切変わっておりません。


当帰の葉

当帰の葉当店では「アミタ持続研究所」と「千葉大学」と共同研究の末に開発した「無農薬当帰の葉パウダー」を仕入れカレーに加えております。当帰という名前は、子供が長い間授からず、離ればなれになっていた夫婦の妻がこの植物を飲み、健康で美しくなったことで再び夫が帰ってきて子供を授かったことから、「当てに帰る」で当帰(トウキ)と呼ぶようになったと言われています。


かくら茶

かくら茶は、現代栄養学と古人の知恵ともいうべき中医学理論に基づき、厳選した美味しい素材をブレンドしたスペシャルなオリジナルティーです。その時の体の状態に合わせてお選びいただけます。料理にもあわせやすいので、 是非料理との相乗効果をご堪能いただけたらと思います。もちろん、保存料不使用・無香料・無着色なので、ハーブの自然な味をお楽しみください。


ミード ~人類最古のお酒~

ミド 当店では京都の老舗金市商店から仕入れています。
ミードの歴史は、ワインやビールより古く、14000年前に人類が初めて巡りあった最古のお酒という説があります。その昔、のどを渇かせた狩人がクマなどに荒らされてひっくり返った蜂の巣に溜まっている雨水を偶然飲んだ時が最初の出会いであったと言われています。古代ギリシャでは神々のお酒(ネクター、アンブロシア)として崇められ、ローマの英雄ジュリアス・シーザーもミードを愛飲したといわれています。最近ではハリー・ポッターや修道士カドフェルにも登場しており、一度は飲んでみたいというファンもかなりおられます。
「薬」の語源、「メディスン」の語源になったとも言われております。

ハネムーンの語源の由来

古代から中世のヨーロッパ、特に森を愛するゲルマン民族において新婚直後の新婦は住居から外出せずに1ヶ月間、蜂蜜酒を造り、新郎に飲ませて子づくりに励みました。これは蜂蜜に強壮作用があるとされた事と、蜂の多産にあやかる為ではないかとされています。また、かなりの確率で第一子は男の子が生まれると現在でも信じられており、その願いも込められているとのこと。ここから「蜂蜜の1ヶ月間」=蜜月(Honeymoon・ハネムーン)という言葉が生まれました。


コエドビール

ドイツの醸造技術を取り入れた埼玉県川越を拠点とする会社が提供するオリジナルビールです。COEDOのレギュラービールは、瑠璃(Ruri)、伽羅(Kyara)、漆黒(Shikkoku)、白(Shiro)、紅赤(Beniaka)の5種類です。中でも、 紅赤(Beniaka)は、世界的なコンテストであるヨーロピアンビアスター2010でゴールドメダルを受賞するなど数々の賞を受賞するなど世界的に認められたビールです。当店ではレギュラービール5種を取り揃えております。


店内ミュージック

NYでヘアサロンやカフェなどにBGM提供もされていたDJ Masaprioによる幸福感&グルーヴ感満載の選曲及びミックスです。時代、ジャンル、国境を越えたMasaprioの選曲は、ドラマチックに構成されて全体として一つの作品として完成しています。
60年代ジャズ~70年代ブラジル、ファンク、ソウル~80年代オールドスクールヒップホップ、エレポップ~90年代ユーロポップ、UKソウル~00年代R&B、ブレークビーツといったいわゆる王道オシャレ系カフェラウンジミュージックに、Piero PiccioniやArmando Trovaioliなどのイタリアンシネマサントラ、Fountains of WayneやEverybody Elseといったインディーロック、更には石黒ケイや松原みき辺りの和モノレアグルーヴなど遊び心が垣間見えます。DJ Masaprioのミックスに興味のある人は、MixCloudで検索してみてください!


当帰の葉が入った香食楽の薬膳カレー4種

 かくらカレー

かくらカレー中辛/鶏だし
脾(胃)=消化器系全般に!
中医学でいう、脾(胃)を補う食材と料理として使用できる生薬を使用しています。
小麦粉・化学調味料は使用していません。

脾(胃)の役割
食材と生薬は必ず脾(胃)の消化・吸収作用を通じて気血に変化し、腎を養い、生命を維持する役目をします。このように栄養を作る脾は「後天の本」と言われています。後天の本とは簡単にいうと日々の食生活で変えられるということです。新陳代謝を活発にして、バランスを整え、カラダの中の『元気になる力』を引き出してくれます。元気がない時に、冷え性に、ストレスに、ダイエットに、そして更年期障害や二日酔い、食欲がないときなどにおすすめです。元気になる第一歩としてかくらカレーをオススメします。

かくらカレーに溶け込んでいるもの
(アレルギーのある方はチェックしてください。)

当帰の葉、龍眼肉,肉桂、陣皮、大棗(なつめ「脾の果」の別名がある程脾によい。薬飯にも入っています。)、鶏肉(だしとして)、にんにく、しょうが、唐辛子、アーモンド、カシューナッツ、玉ねぎ、人参、りんご、長いも、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、大根、キャベツ、ブロッコリーなど。

黒カレー

黒カレー甘口/鶏・豚だし
腎=腎、生殖機能全般
中医学でいう、腎を補う食材と料理として使用できる生薬を使用しています。小麦粉・化学調味料は使用していません。かくらカレーにブラックパワーをプラスした黒カレー。薬膳黒カレーには、黒豚・黒ゴマ・豆鼓・イカ墨など黒い食材がいっぱい含まれています。黒い食材は、活性酸素を取り除き、腎機能を高め、カラダの浄化を促すと言われています。血液をさらさらにしたい方に、老化防止に、がんの予防に、便秘やダイエットに、バランスを崩したカラダをリセットしたい方に、薬膳黒カレーをおすすめします。

腎の役割
腎は五臓の中で最も重要な臓器で、産まれた時点で親から受けたもので「先天の本」と言われています。腎が弱くなると成長発達が遅くなったり、老化や記憶力の低下が早まったり、不妊症、不育、生理不順や呼吸、尿などの異常が現れます。健康の源として重要な役割をする腎を日々補うために黒カレーをおすすめします。

黒カレーに溶け込んでいるもの
(アレルギーのある方はチェックしてください。)

当帰の葉、肉桂(シナモン)、ういきょう、鶏肉・豚肉(だしとして)、黒ごま、黒豆、イカ(イカすみ)、カシューナッツ、プルーン。

ベジカレー

BejiKare辛口/昆布干し椎茸だし
五臓全般 ベジタリアンの方に中医学でいう、五臓(肝、脾、心、肺、腎)全体を補い今の季節に食べると良い野菜の含有量を多めに仕上げてあります。動物性、小麦粉、化学調味料は使用しておりません。

季節の薬膳カレースープ

黒カレースープ写真中医学でいう五季五臓を合わせその季節に弱りやすい臓器への特化したカレースープ

梅雨、冬は上記のカレーで補うのでカレースープはございません。
春=肝     緑のカレースープ
梅雨=脾 かくらカレー
夏=心     赤のカレースープ
秋=肺     白のカレースープ
冬=腎     黒カレー

薬飯(やくはん)

ごはん

食べ物は「寒性」「令性」「平性」「温性」「熱性」の五つの性質に分かれています。

雑穀は平性の食材が多いですがジャスミンを組み合わせることにより温性に仕上げました。五臓を補う、香食楽だけの特別なご飯です。

 


店舗内装へのこだわり

Keisodo2店内の壁は、珪藻土(けいそうど)にわらスサを混ぜて作りました。空気を浄化し、湿気なども吸う“呼吸をする壁”です。梅雨の時期には少し色が濃くなるかもしれません。

営業時間

平日:
 11:30 ~ 14:30 LO
 18:00 ~ 22:00 LO
土・日・祝日:
 11:30 ~ 21:30 LO
定休日: 月曜日、火曜日 (祝日の場合は営業)
座席: 1F-16席、2F-18席
住所: 〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-42-13
<中目黒駅目黒銀座商店街内>
InstagramTwitter食べログ

香食楽アプリ

香食楽アプリ

Party!!!

Ka・Ku・Ra で パーティーやりませんか? 宴会、貸し切り、ミニライブ など受けまわっております!

超オススメ!

体の中から元気になれる 「香食楽 カレー」と 「香食楽 黒カレー」の レトルトカレー 通販サイトはこちら!